トップページ | 2006年6月 »

2006年4月25日 (火)

中谷塾 開校のお知らせ・一期生募集

『離脱法』でウルトラマンの【脳】に!!

中谷塾・一期生を募集します。

カリキュラムを申込みするには、カリキュラムの説明を読んで頂き(聞いて頂き)、『受講申込書希望』とメールでお知らせください。

こちらから、申込書をメールにてお送りいたします。

申込書を記入後、返信していただき、入金が確認出来た時点で、カリキュラム申込み完了となりますので、お気軽に『受講申込書希望』のメールを下さいね。

料金・カリキュラムの目次は、問い合わせ下さい。

問い合わせ先はコチラ⇒中谷塾《ネット校事務局》

Mailnakatani-jyuku@jcom.home.ne.jp

現在、ブログでは相談やお便りを「フリーメール」での受け付けをOKにしていますが、中谷塾に関しては、フリーメールでのお問い合わせ、その他の受送信も遠慮していただきたいと思います。

傲慢ではありますが、中谷は、カリキュラムを応募される方には、最低限の礼儀を求めさせて頂きます。

大学卒じゃないと、といったようなことではありません。

わたくしの最終学歴は、専門学校ですしね♪プププ♪

おはようございます。

ありがとうございます。

さようなら。

ごめんなさい。

こういった、最低限の「挨拶ができる」というのが、受講応募資格といって良いでしょう。

メールでのやりとりが基本となる受講ですから、互いに真剣な気持の上での礼儀の1つとして、フリーメールは失礼である。

というわたくしの考えをご理解くださいますよう、宜しくお願い致します。

★中谷塾★ 塾長 中谷彰子

| | コメント (3) | トラックバック (1)

中谷塾カリキュラムの説明【1/2】

中谷塾 カリキュラム の説明を、声でも聞いて頂こうと思います。

説明文を目で追いながら聞いてくださると、分かりやすいのでは・・・と思っています。

録音時間の都合上、2部構成になっています。

↓コチラが、1部になっています。

 

《中谷カリキュラムの説明》

・・・1部・・・

「出会いの確率」を考えたことありますか?

この文章を、今、こうやって読んでくださっている貴女様と「出会う確率」って・・・。

誰もが、日々、奇跡的なことことを起こしていると考えたことはありませんか?

わたくしは、それが『出会い』だと思っています。

貴女様は、わたくしが投げたボールを、こうしてキャッチして下さった。

今、このような形で、貴女様に出会えたことに、感謝いたします。

そして、この文章を読んでくださっている貴女様に、感謝いたします。

本当に、ありがとうございます。

突然ですが、貴女様は、今、どんな悩みに遭遇していますか?

「学校のこと?」

「会社のこと?」

「家族のこと?」

「友人のこと?」

「愛する人のこと?」

それとも『自分自身のこと?』

その悩みを「何処」で考えていますか?

「自分の部屋?」

「会社のデスク?」

「車の中?」

いえいえ、そういう『何処』ではありません。

貴女様は、身体の何処でそれを考えていますか?

『心?』

心って?心臓?それは、無理でしょう♪

しかし、人は『心』で感じ、『頭』で考える生き物です。

では、感じていると判断しているのは、身体の何処?

考えて、答えを出そうとしてくれているのは、身体の何処?

貴女様も、お隣の方も、はたまた、そのお隣の方も、わたくし、中谷も同じ部位。

それは、『脳』です。

誰もが、その『脳』で、感じ、考え、判断しているのです。

貴女様が今、抱えている悩みを今一度、考えてみて下さい。

「愛する人のこと?」

「人間関係のこと?」

ちょっと、待って!

以前も同じようなことで悩んだことはありませんか?

愛する人が変わったのに・・・。

学生から社会人に成長したのに・・・。

時が流れ、貴女様は日々、成長しているはずなのに、また、あの頃と同じようなことで悩んでいる。

きっと、貴女様のお隣にいる方も同じでしょう。

・・・2部につづく・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中谷塾カリキュラムの説明【2/2】

引き続き、カリキュラムの説明の2部を読んでいます。

↓2部は、こちらです

 

《カリキュラムの説明》

・・・2部・・・

きっと、貴女様のお隣にいる方も同じでしょう。

育った環境や年齢も違うのに、なぜ、こうも「悩み」とは、ついてまわるのでしょうか?

悩みは誰にでも共通するもの。

でも、なぜ??って考えたことはありませんか?

「殿方として」

「女性として」

「親として」

「子として」

「経営者として」

「会社員として」

「彼氏として」

「彼女として」

《どうして立場が共通していると、みんな、似たような悩みを抱えるのでしょうか?》

それは、「根底」=「脳」が共通しているからです。

「根底」って?

中谷塾では、『考え方』『とらえ方』『感じ方』を指します。

貴女様には、性別など関係無く、憧れている方がいらっしゃいますか?

わたくしは、メジャーリーガーの「松井秀喜」選手や、「イチロー」選手に憧れています。

彼らに限らず、日本人選手が、世界で活躍しているのを見ると興奮します。

一流選手が揃うあれだけのメジャーで、なぜ、彼らは活躍出来ているのでしょうか?

「野球が普通の人より上手いから。」

勿論、そうなのですが、今は、日本であまり活躍しなかった選手が、海外で活躍する姿も目にするようになりましたね。

彼らの共通点は、何でしょうか?

彼らの共通点。

それが「根底」なのです。

イチロー選手は、『いくら技術があってもね。』と言っています。

松井選手は、『100%理論』を唱えています。

世界で活躍している一流選手が、「技術だけではない。」と言い、「自分の理論」を唱えている。

きっと、貴女様の憧れている方も、『根底』が違うのです。

そうです、『脳』が違うのです。

はっきりと申し上げます。

誰もが、彼らに近い『脳』を持てるようになります。

その方法を知らないだけで、誰でも『成長出来る脳』を持てると・・・。

勿論、貴女様も!

わたくし中谷が、お伝えしたいのはその『方法』です。

【離脱法】と呼んでいます。

『【脳】を一流に』

わたくしが投げたボール、今、この文章を読んでくださった貴女様へ。

次は、貴女様が、わたくしにボールを投げ返してくださる番です。

心からお待ち申し上げております。

中谷塾 塾長:中谷彰子 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

初めまして♪傲慢女★中谷彰子です♪

中谷の生声、いかがでしょうか?プププ♪

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年6月 »